【人生を変える】違いをもたらす違い(ジェームス・スキナー) vol.3 行動するために持つべき重要な羅針盤

vol.3 行動するために持つべき重要な羅針盤

ジェームス・スキナーの成功の秘訣:DMD(違いをもたらす違い)ってなに?レビューをしながら、深く考えてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

vol.3 行動するために持つべき重要な羅針盤

ジェームスは成功を手に入れるためには、明確さが必要と言います。

そして、その明確さとは、ある質問を自分にすることで、

具現化されます。

その質問とは、5W1H、

つまり、いつ?、どこで?、だれが?、なにを?、なぜ?、

そして、どのように?

ということです。

これもまた、「そんなことしってるよ!」と

言われそうなことですが、

これら質問を実際どのように、なぜ使うのか?ということを

知らなければ、正しく使いこなすことは難しいと思います。

vol.3のCDでは、それらのことを、しっかり説明してますし、

さらに、質問する順番に関しても説明があります。

この順番どおりに質問しないと、たしかに、プランが建てられません。


これらの使い方を簡単に説明しますと、

まず第一に、「なに」という質問をすることです。

あなたは何が欲しいのですか?

大抵の人はこれを明確にせず、欲しくないことを明確にしてばかりいます。

そうすることで、マイナスのビジョンを無意識に埋め込み、

マイナスの結果を呼び込むことになっているのです。



街の看板や脳手術の例で無意識とはどのようなものかを解説しています。



それゆえ、自分の無意識に、プラスの明確なビションを与え、

現実の生活と将来のビジョンを調和してもらうことが、成功するには

必要だと言ってます。


第二に、「どのように」という質問です。

どのような、感じ、環境、気持ち、スケジュール、仲間、方法で?

というふうに、自分の脚本を書くこと。


ほとんどの、職場をこれをせず、なんとなく、生まれてる雰囲気のまま

で仕事をしているから、雰囲気が悪ければ悪いし、良いところは良いし、

とたまたまな状態で仕事をしているだけになっています。


ジェームス自身のセミナーの計画の仕方と同様に

本当に物事を成功させたいならば、どのように?という質問で、

しっかり計画を立てて、それを達成するために、マスト思考で

やっていくことだと、言います。


第三は、「どこで」です、

現代は、仕事をする上で、場所に関して、自由な選択ができる時代であるので、

考えるべきであるそうです。


そしてこの、なに、どのように、どこ、の3つの質問は

ビジョンを持つために、まず、必要な質問。



そして、第四は「なぜ」です。

この質問は、成功を支えるために必要な質問です。

ジェームスは、ユダヤ人心理学者、ビクター・フランクルの研究で、

苦しみに耐えられる人、と耐えられない人の違いについて、説明してます。



なぜ、その結果がほしい?

なぜ、その場所でしたい?

なぜ、それをしたい?

理由を明確にすることで、高いモチベーションがもてるのです。



そして、第五は物事が現実になる質問「いつ」です。


いわゆる、デットラインを持たすことです。


それにより、自分の持っている能力が、引き出されます。

また、スケジュールに、

自分が大事に思っていることがしっかり、入っているか?

他人の優先事項をすることのみになっていないか?

を確認することになり、重要なことを優先してやるようになります。



第六は「誰が」です

ジェームスは先輩のフィジーでされた話を例にとって

この質問の大切さを語ります。

つまり、自分しかできない大事な仕事に時間を費やし、

自分でなくてもできる作業があるなら、それらを洗い出し、

そして、人に委任する。

これによって、自分の目的達成にグンと近づくだけでなく、

任された人にとっても、雇用機会が生まれる、

成長できる機会を貰えるという意味で、有益なことになります。



物事を成功させたいならば、

本当に必要なことをやり、やるべきではないと判断できたことは、

大切な仕事のためにも、笑顔で断るべきであると彼は言います。


このような内容をここでは上げきれなかった、例やら、

理由やらによって、より、実感をもてるように解説してます。

ただ闇雲に、物事を進めるのでなく、必要なことを明確にして、

物事を進めていくことの、考え方、やり方、を学ぶことができます。








スポンサーサイト
[ 2012/03/22 02:59 ] 成功研究会CD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

umiyasuhisa

Author:umiyasuhisa
浦部季武(うらべすえたけ)

と申します。

現在、

平凡なサラリーマン生活を送ってお

りますが、

近頃、仕事にも慣れ、

もちろん、社内のいろんな、

どす黒い人間関係や、

理不尽な仕事内容

などもありますが、


そのために、

まわりをどうこう文句いっても、

何も変わらないと開き直りまして、


なので、


人とどうやって、

仕事をしてゆくのか?

部下をまとめるには、

どうすればよいか?

会社をどうやって、盛り立てるのか?

そもそも、仕事とは何のために

やっているのか?

などの疑問から目を背けずに、

向き合おうと決心しまして、

今の状態から、

もう一つ上の段階に

脱皮したい!

と思うようになりました。

そんな中で、ある時、

ジェームス・スキナーに

出会いました。

初めて知った時は、

関西弁しゃべる、

胡散臭い外人だなぁ

と思いましたが、

彼の文章や、話はおもしろく、

毎回、発見があり、

自分の意識を変えてくれるので、

「よし、そんじゃ、徹底的に、

自分のものにしてやろう!」

と決意し、現在修行中です。

自分なりの考えも含めた、

ジェームスの成功哲学を、

さらに、とっつきやすい形で

まとめることで、

彼の考え方を、

多くの人に知ってもらえたら、

と思って、書いてます。

この哲学が広まることによって、

日本の社会が経済的にも、

精神的にも、人間関係の面でも、

健康の面でも

もっと働きやすい環境に

なってくれることを祈って・・・

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。