【人生を変える】違いをもたらす違い(ジェームス・スキナー) vol.23 コミュニケーションの普遍の法則

vol.23 コミュニケーションの普遍の法則

ジェームス・スキナーの成功の秘訣:DMD(違いをもたらす違い)ってなに?レビューをしながら、深く考えてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

vol.23 コミュニケーションの普遍の法則

男女間のコミュニケーションについてお話しします。

まず、お互いの関係性の質は、

お互いのコミュニケーションの質に

よって決まります。

だから、関係を良くしたければ、

コミュニケーションの力を鍛える必要があるのです。


コミュニケーションに対して、

多くの人が勘違いをしていることですが、

コミュニケーションの目的とは何でしょう?

問題を解決することですか?

仕事を進めることですか?

それらは、あくまでもその次の段階の話であって、

コミュニケーションで一番大事なことは、

それによって、すばらしい気持ちを作り出す

ということなのです。

自分の伴侶と接しているとき、

その目的は果たしているでしょうか?

文句、批判、無神経、話を聞かないなどで、

相手を悪い気持ちにしていないでしょうか?

相手を調教しようとして、

痛みを与えようとしていませんか?

そのことで、相手は、パブロフの犬ではありませんが、

アンカリングがかかり、あなたの、

顔をみるだけで、声を聞くだけで、嫌な気持ち

になっているかもしれません。


そう考えてみると、

どの分野の関係性でも言えることですが、

相手に痛みを与える行為は、

相当慎重になって、やってゆくべき行為と言えます。


当たり前のことをですが、

+の言葉、素晴らしい、最高、などと

言えば、いい気持ちになります。

逆に、

−の言葉、馬鹿だ、駄目だ、などと

言えば、悪い気持ちになって当然です。


長いこと接している相手とは、

いろいろな衝突が起きてしまいます。

そのときの人の対処手段として、

5つの段階があります。

1、その衝突を無視する。

2、その現実を拒否、否認し、問題がないように振る舞う。

3、自分を正当化する。

4、他人のせいにする。

5、自分の非の可能性を認め、

現状を改善しようとする。

あなたは、今どの段階にいますでしょうか?



次に、自分の今のコミュニケーションは

どのような状態か?を知る方法を説明します。

今の自分のコミュニケーションとは、

自分が接した相手から引き起こされた反応

のことである。


相手が性格に理解できないなら、

自分の話方が悪かった。

相手が何を言っているのかわからなかったならば、

自分の聞き方が悪かった。

と言うことです。


つまり、我々は、自分のコミュニケーションに

責任をとらなければならない、ということです。



常に責任をとること。

これが、コミュニケーションの名人になる秘訣です。





それでは、お互いの衝突はなぜ起こるのか?

について、説明したいと思います。

衝突はルールの相違から生まれます。

人間関係のゲームに勝つには、

ルールを知ることが大切です。

とかく、衝突するときは、

お互いに、自分のルールを相手が守ることを、

要求するときなのです。

妻のみそ汁の文句を言う人は、

みそ汁についての、ルールを自分で作っています。

お互いのルールが相容れないから衝突が生まれます。

だから、衝突をなくすためには、

ルールを少なくすることなのです。

だからといって、そのことは、

基準を突き上げるとか、甘くするとか、

言うことを意味しません。

これは、相手をありのまま受け入れる

これは、成熟した人にしかできない行為と言えます。

しかし、

生活を振り返ってみると、

思わぬ発見があります。

それは、自分の伴侶にはガミガミ要求するが、

自分の犬に対して、ありのままを受け入れる

飼い主はけっこういるのではないでしょうか?

犬には犬のルールがあり、それを理解しているのです。

そして、犬との関係は上手くいくのです。


さらに、一歩進めて、

よりよい関係性をもつ方法があります。

お互い違うルールを持っているのであるならば、

お互いの一緒のルールを作ろうとしてみては、

どうでしょうか?




それでは、次に、相手に対する批判について、

話します。

仮に、子供が何かを盗みました。

そのとき、大抵の大人は、

「おまえは、だめなやつだ!」

と言って、その子の

アイデンティティーを否定します。

本来それはおかしなことで、

批判すべきことは、その子のアイデンティティー

ではなく、

盗んだ行為のみを批判すべきなのです。

これは、男女間のコミュニケーションでも

関係を崩す原因となります。

旦那が、連絡しないで、遅く帰ってきたとき、

妻は、その行為ではなく、

旦那の人格まで批判することがよくあります。

無駄な争いに労力を費やさないためにも、

このことは注意しなければなりません。



単純な話をしますと、

相手が助けや、愛を求めている

ということは、

今、相手に助けや、愛がない状態なのです。

だからこそ、そのときに、

助け、愛を示すことができるならば、

その人は、愛の億万長者です。



次に、相手の中に入って理解する、

「感情移入」と言う方法を説明します。

あらかじめ、

お互いにストレスがかかったときは、

一旦、コミュニケーションを中断し、

お互いが、明るい方向に向いたとき、

スベースを空けて、

客観的に見つめ合うことをすることを

合意しとくのもよいでしょう。

それは、相手が怒っている感情のときは、

いくら説明しても上手くいかないからです。


「ネイビー・シール」という、

アメリカの軍隊でトップの1パーセントの

人間のみが受けられる訓練があります。

そのうちの9割が訓練の途中で脱落するという

非常に過酷なものです。

その中で、沈んだ潜水艦のなかで、

指示が出され、その指示通りに行動すれば、

クリアできる訓練があります。

しかしながら、与えられる酸素ポンベの

酸素は、一度も間違わす、指示通りに行動を

行える量しかありません。

このことから、学べることは、

人の話を正確に理解しなければ、死ぬという

状況においで、我々はどのような行動を

するか?ということです。

おそらく、そうなったら、

指示を確認したくなるでしょう。


感情移入とはまさに、この状態になること

なのです。

相手の話を理解したことを、確認すること。

そのことは、理解の度合いを相手に示すことになります。

これは、この話が大事だと思えば、

必然的に出てくるスキルでもあるのです。



声、抑揚、ボティーランゲージ、表情など

相手の気持ちをあらゆることから、感じ取り、

自分の言葉に要約して伝えましょう。


遅く帰ってきて、怒っていたら、

感情的になって、いろいろいっても無駄であり、

それよりもむしろ、

「遅く帰ってきたので、ストレスをかんじたんだね。」

と、要約して伝えるのです。


仮に、その要約が間違っていたら?

それでもいいのです、

あなたが理解していようとすれば、

それは相手に伝わります。

そこで、相手は、「そうではなくて、こうなのだ。」

と言ってくれます。



このような行為を繰り返し、経験を積むことで、

相手に対する感情移入が上手にできるようになり、

相手の世界が、だんだんと正確に把握できるようになります。

確認すると言う作業の場数がものをいうのです。



話は変わりまして、今度は、

なぜ、男は話さない、

女はたくさんはなすのか?

について説明します。


ずーと昔の原始の時代に戻って

考えてみると、

女性は、女性同士で話すことで、

様々な問題を解決していました。

一方、

男性は、狩りで、自分の問題、(弱さ、自信のなさ)

などを見せてしまうと、狩りからはずされる、

自分の問題について話すことは死を意味するため、

問題を忘れることで、解決していました。


このことから、現代人を考えてみると、

女性は、

その問題について話したいと思っています。

ただし、解決してしまうと話すネタがなくなるので、

根本的に解決しようとは思うよりも、

会話によって生活を満たそうとするほうが、

ウエイトを占めます。

だから、

その問題について、長々と話すことによって、

コミュニケーションの目的である、

相手を素晴らしい気持ちにさせること

が可能となります。


男性ならば、

その問題を話すほど、じれったく、

その問題を解決し、早く

忘れさせることが、喜びとなるのです。


これこそ、男女の永遠のテーマなのであります。



もう一つ、

コミュニケーションにおける気をつけるべき点

を説明します。

人にはいろいろなコミュニケーションタイプがあり、

頭(理屈)で話す人、

心(感情)で話す人、

手(行動)で話す人、

とがいます。


相手が、心で話しているならば、

自分も、心で理解し、答えてあげましょう。

ここに、相違があると、すれ違いが生じます。


相手に素晴らしい気持ちにさせること、

ずーとあなたと話していたいと思わせること。

そのための、重要な秘訣と言えます。





あなたと話すたびに、相手が嫌な思いをすれば、

相手は、あなたといたくないと思います。

相手を、悲しませ、怒らせ、

−の気持ちに思わせることしかしていなかったか?

一度、振り返ることも必要なのかもしれません。


人を幸せにする、一番の方法は、

幸せを感じられるコミュニケーションをすることです。



日頃の相手に対するコミュニケーションを

本当に相手が素晴らしい気持ちになれるように、

一つでも多くし、努力しましょう。

スポンサーサイト
[ 2012/07/28 03:25 ] 成功研究会CD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

umiyasuhisa

Author:umiyasuhisa
浦部季武(うらべすえたけ)

と申します。

現在、

平凡なサラリーマン生活を送ってお

りますが、

近頃、仕事にも慣れ、

もちろん、社内のいろんな、

どす黒い人間関係や、

理不尽な仕事内容

などもありますが、


そのために、

まわりをどうこう文句いっても、

何も変わらないと開き直りまして、


なので、


人とどうやって、

仕事をしてゆくのか?

部下をまとめるには、

どうすればよいか?

会社をどうやって、盛り立てるのか?

そもそも、仕事とは何のために

やっているのか?

などの疑問から目を背けずに、

向き合おうと決心しまして、

今の状態から、

もう一つ上の段階に

脱皮したい!

と思うようになりました。

そんな中で、ある時、

ジェームス・スキナーに

出会いました。

初めて知った時は、

関西弁しゃべる、

胡散臭い外人だなぁ

と思いましたが、

彼の文章や、話はおもしろく、

毎回、発見があり、

自分の意識を変えてくれるので、

「よし、そんじゃ、徹底的に、

自分のものにしてやろう!」

と決意し、現在修行中です。

自分なりの考えも含めた、

ジェームスの成功哲学を、

さらに、とっつきやすい形で

まとめることで、

彼の考え方を、

多くの人に知ってもらえたら、

と思って、書いてます。

この哲学が広まることによって、

日本の社会が経済的にも、

精神的にも、人間関係の面でも、

健康の面でも

もっと働きやすい環境に

なってくれることを祈って・・・

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。