【人生を変える】違いをもたらす違い(ジェームス・スキナー) vol.21 賢い時間の使い方

vol.21 賢い時間の使い方

ジェームス・スキナーの成功の秘訣:DMD(違いをもたらす違い)ってなに?レビューをしながら、深く考えてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

vol.21 賢い時間の使い方

突然ですが、

時間を管理することは、人生を管理することです。



行き当たりばったりの行動を選択して、

どうでもいいことばかりをやってしまい、

それだけで、人生を終えてしまう

という結果にならないためにも、

賢い時間の管理のしかたを説明します。



ブロッキング

あらゆる時間帯に万遍なくスケジュールを入れ込む

のではなく、

まとめて、入れ込むことによって、

結果的に、まとまったスケジュールの空きを生み出し、

その空きの中で、自分の本当にしたいことを

やってゆくという方法。

例えば、

人とのアポイントメントはすべての週の

午前中にまとめて入れることで、

午後に空きをつくり、そのまとまった時間に

大切な仕事を集中してやるなど。



また、用事をまとめて組み込む期間は

いろいろ工夫の使用があり、

水曜に入れ込ませて、木、金をあけるとか、

一ヶ月の頭と、終わりの週に入れ込ませ、

中の2週間をあけるとか、


時間的な操作だけでなく、

他人に仕事を委任して、自分の時間を

作り出すなど


その人の

状況に合わせて、組み立てることが出来ます。



ゾーン

毎日をどうゆうような時間で過ごすか?

と考えた時、

時間の種類を4つに分けることが出来ます。



1 自分にとって、快楽で、しかも、成功にかかせないことをする時間

理想としてはこの時間を多く取り入れるべきです。



2 自分にとって、快楽、でも、成功に関係ないことをする時間

俗に言う、中毒です。この時間は、排除すべき時間。



3 自分にとって、痛み、でも、成功に必要なことをする時間

なんでも自分でやろうとする人にとって、抵抗あるかも

しれませんが、この時間はお金を払ってでも、人に委任すべきです。

そのことによって、委任された人も仕事をもらえ、

みんなが幸せになるのですから。



4 自分にとって、快楽でも、成功に貢献もしないことをする時間

この時間は、例えば、無意味な会議などよくありますが、

これこそ、勇気をもってことわるべきことなのです。



なにを、なぜ、どのように、いつやるのか?

人は何をやるのか?に関しては考えていますが、

なぜ、それをやるのかに関してはあまり考えません。

しかし、この、なぜ?ということが大事であり、

自分の行動の動機づけになり、

その行動の本当の意味を理解することになるのです。

お客様に電話する、訪問するなど「なに?」

に関してがあれば、それは、今月中に受注を○○件受けるため、

など、「なぜ?」を持つことが大切です。


そして、「どのように?」とはプランを立てることであり、

「いつ?」とはスケジューリングすることです。

そのことで、達成したい物事に現実味が出ます。



マスト思考を明確にする


絶対達成しなければならないこと、

デットライン、締め切りを設けること


委任

自分にとって、快楽で、成功に欠かせないこと

をするためにも、自分のまわりにどうゆう人をそろえるべきか?

そして、別にお金によって、委任するだけとは限らず、

物々交換でもいいし、お互いの貸し借りなどでも可能です。



政治家思考

政治家はご存知のように、

政治家として生き抜くためには、

有権者、自分との関係者、マスコミなど、多くの人達

との関係作りが大切ですが、

だからと言って、すべての人に平等に会うことなど、

物理的に不可能です。


そこで、講演など頼まれた場合、

引き受ける基準を設けます。


その基準とは

「そのひとは、私を助ける力はどのくらいもっているか?」

というものです。

単純化して言うと、

ボーイスカウトなどの前に顔を出して講演するときは、

その子供達の親が2票分もってるから、

その子供達の数×2でいくつの票を得ることが出来るから、

その数なら、OKするというような考え方です。


その考えを我々に当てはめてみると

そのことは、自分の夢、人生、ミッション、使命に役立つかどうか?

とも言えます。

そして、この考えは、卑しいとか、わがままだとか

思う必要はまったくありません。

なぜならば、

たいていの人は、みんな、

世の中を悪くするための自分の目標を持ってはおらず、

世界のために何かしたいという目標を持っているからです。

しかし、それにもかかわらず、

くだらないことに時間を使うことで、

せっかくの自分の目標が永遠に出来なくなってしまっています。

だからこそ、この政治家的思考が必要なのです。



ダウンタイム

メインイベントが始まるまでの待ち時間

という意味です。

これは、会社へ行くための電車の中での時間や

ヒコーキに乗っている時間などを意味します。

その間に、短いながらも、時間のプロックが生まれます。

そのプロックを賢く使う方法としては、

そのダウンタイムの中で行える作業をあえて、普段やらず、

とっておくことです。

そして、ダウンタイムが生まれたらそのときにやってしまいます。

メールの返事や、本を読むとか、

一行でも一段落でも、やることで、

もし、その時間をポーットしていたら、ゼロだったことが、

ちょっとずつ行うことで、2年かかっってでも、

行えてしまったとしたら、

そして、それによって、利益が生まれたら、

それは、とても効率のいい投資では

ないでしょうか?

これこそ、チリも積もれば山となる、というものです。



大きい石、小さい石、砂の入れ方

あるたとえ話で、

バケツの中に砂を入れ、小石を入れ、大きい石を入れると

溢れてしまい入らないという時、

入れ方を変え、大きい石から入れ、

小さい石、最後に砂を入れるとすべて入りきる

という話があります。


これは、時間管理にも言えることで、

大切なプロジェクトを先にスケジュールに入れる

事が大切です。

そうすれば、あとから用事を頼まれても、

「先約があります」ということができるのです。

それによって、自分の本当にしたいことを

着実にやってゆくことが可能となります。



不適切な人間関係と仕事

自分と合わない人と無理に一緒にいることは

時間の無駄以外の何ものでもありません。

仕事でも同じことが言えます、

自分が燃えない、けどやっている仕事。

自分、その会社、お客さん、社会、すべての

人達のためになっていません。

それならば、そんなものは、やめてしまい、

自分が心から燃える仕事をして、

仕事の質が高まり、会社の利益になり、

お客が喜び、社会の役に立ったほうが

あたりまえですが、よいでしょう。


ゼロベース思考

あることをやりはじめた、だからって、

ずっとそれをやり続ける必要はないのです。

映画を観たら、くだら無いと思った、ならば、

最後まで観る必要がなく、

途中で席を立てばいいのです、

それによって、1時間、2時間の時間を

無駄にしないで済むのです



日本で育ったけど、自分は、日本より、

海外のほうが適しているなぁと思うなら、

そのままずるずる日本にいて無駄に時間を

費やさず、海外に引っ越せばいいのです。



我々は、最低限の時間で最高限の利益を得るために、

時間を管理する必要があるのです。


今一度、自分は本当に時間を無駄にせず、

有効に使っているのか?

を問う必要があるのかもしれませんね。









スポンサーサイト
[ 2012/07/23 19:18 ] 成功研究会CD | TB(0) | CM(1)
私もスキナーさんの影響を受けた1人です。
だから、思い切って、夢の実現に向かう決心がつきました。
今、夢に向かっているところです。
[ 2012/07/23 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

umiyasuhisa

Author:umiyasuhisa
浦部季武(うらべすえたけ)

と申します。

現在、

平凡なサラリーマン生活を送ってお

りますが、

近頃、仕事にも慣れ、

もちろん、社内のいろんな、

どす黒い人間関係や、

理不尽な仕事内容

などもありますが、


そのために、

まわりをどうこう文句いっても、

何も変わらないと開き直りまして、


なので、


人とどうやって、

仕事をしてゆくのか?

部下をまとめるには、

どうすればよいか?

会社をどうやって、盛り立てるのか?

そもそも、仕事とは何のために

やっているのか?

などの疑問から目を背けずに、

向き合おうと決心しまして、

今の状態から、

もう一つ上の段階に

脱皮したい!

と思うようになりました。

そんな中で、ある時、

ジェームス・スキナーに

出会いました。

初めて知った時は、

関西弁しゃべる、

胡散臭い外人だなぁ

と思いましたが、

彼の文章や、話はおもしろく、

毎回、発見があり、

自分の意識を変えてくれるので、

「よし、そんじゃ、徹底的に、

自分のものにしてやろう!」

と決意し、現在修行中です。

自分なりの考えも含めた、

ジェームスの成功哲学を、

さらに、とっつきやすい形で

まとめることで、

彼の考え方を、

多くの人に知ってもらえたら、

と思って、書いてます。

この哲学が広まることによって、

日本の社会が経済的にも、

精神的にも、人間関係の面でも、

健康の面でも

もっと働きやすい環境に

なってくれることを祈って・・・

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。