【人生を変える】違いをもたらす違い(ジェームス・スキナー) vol.18 人をどう育てるか?

vol.18 人をどう育てるか?

ジェームス・スキナーの成功の秘訣:DMD(違いをもたらす違い)ってなに?レビューをしながら、深く考えてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

vol.18 人をどう育てるか?

今回は、子供の育て方についてです。

子供と接するときに一番大切なことは、

その子を、一人の人間として、扱うことです。

子供は、大人が思っているほど、子供ではなく、

一人の人間として、思っていることがあるのです。

そのため、子供だからと思って、

安直な言動をとると、彼らは、その矛盾にすぐに気付き、

大人のやることの一貫性のなさを感じ取ります。


たとえば、

「赤信号を渡ってはいけません」

と子供に言っておきながら、

大人が赤信号を渡っていては、信用を失います。

また、

一貫性という意味において、

デバートなどで、子供が「これ、買って!」

とねだり、親が「だめ!」

というと、子供が泣いてわめく、ということが

有ります。

その泣く行為に対して、親が折れて、欲しい者を買ってしまって

いては、子供は、親の言うことは、大したことはないんだ、

泣けば、曲げてもいいことなんだと理解してしまいます。

子供に親の言動の一貫性を教えるためには、

親の言うことは曲がらないもの、

「だめなものはだめ」と言う一つのルールを作る必要があります。



初対面の、子供に、まず、甘く接してしまうと

その子は大人をなめてしまい、言うことを聞かなくなりがちです。

逆に、

初めに、きちんと、厳しく、一貫性を持ったルールを教えて、

子供に威厳を確立した上で、

その後は優しく接してあげることで、規律のある、良好な関係を

築くことができます。


自由というものは、

なんでもかんでも、あまく、


好きにやってよいというものではなく、

社会の中での責任を引き受けた上で、

獲得できるものなのです。







テレビやビデオゲームなどの世界で自分のニーズがすぐに、

手に入ってしまう世の中である今の時代では、

欲求を満たすためには、

待つこと、我慢することを教える必要もあります。


たとえば、

自転車を与える年齢を、決め、どんなことがあっても、

それ以前には自転車には乗らせないというルール。

そして、自転車を与えた次は、運転範囲の条件。

まずは、家の庭のみに限定し、

運転技術が十分と認められたら、近所の道。

さらに技術が十分なら、学校の往復まで。

さらに十分なら、どこへ行ってもかまわない、

ただし、行き先を必ず伝えること。


これらのルールを一つでも破ったら、

その時点で、自転車の取り上げ。

などという家族独自の規則を持つことで、


責任を果たすことで、自己の自由を獲得できる

という考えを身につけることができます。



お小遣いに関しても同じです。


家族の手伝いをすることによって、

お小遣いを与えるようにすることで、


社会に価値を生み出しているときだけ、

経済的自由を持てるという、世の中の法則を

お小遣いによって、教えることもできます。





また、

父母の意見は同じ立場であること、

父と母の意見はカップルとして、一貫性があることを

子供に教えることは、

その夫婦は仲がいいということを子供に示すことになり、

それは、子供にとって、最高の贈り物となるのです。


子供に対する意見の食い違いで夫婦喧嘩をすることは、

子供にとって、悪い影響しか与えません。


さらに、

家族会議などを行う場合、子供を

一人の人間として接して、尊重し、

子供の意見を聞いてあげ、

家族の意思決定の場面に参加させるべきです。

これにより、

いずれ、子供たちは、大人になり、

会社に入ってから、

意見を言う機会が訪れるのですが、


子供のころから、そのような場面を

経験していれば、

社員になって初めて遭遇する人と比べたら、

経験の幅が全然違ってきます。


家族で一緒に家族のプロジェクトに取り組みましょう!





学ぶことを喜ぶという感覚を持たせる。

読書を早いうちに教えましょう。

本を好きになること、

それには、子供に、本を読み聞かせてあげることです。

成長し、本人も読めるようになれば、

逆に、読み聞かせてもらったり、

順番に、読み聞かせあったりする習慣を

持つことで、自然と本を読む習慣が身につきます。


本を読む習慣が身についていれば、

本を読まない、学校教育で22年間学ぶ人に比べ、

この先、30年、40年と、

一生涯学習を楽しみとして続けてゆけるのです。

その差は歴然としています。






家族で、いろいろな伝統を持つ。

一年の内、一度は、一族で集まることが、

できれば、その時、世の中には、

自分のことを大事に思ってくれる人がいることを、

再確認することができます。

そうすることで、

「誰も私のことなんか相手してくれないよ」と思っている人は

なくなるはずです。





家訓の確立

たとえば、

借金を負うべからず!

例外として、

教育のため、家のローンのため、仕事で必要な車のため

ならば認める。


というような、家族独自子供に伝えたいことを、

決め、伝えた行くことです。




やはり、社会の柱は家族に在り、

その家族の中で、次世代を支える子供たちを

育ててゆくべきではないでしょうか?







スポンサーサイト
[ 2012/06/20 16:17 ] 成功研究会CD | TB(0) | CM(3)
アルティメット マネージャー
クライアントの業種に沿った傾向、事例、問題にフォーカスしたディスカッション。例えば、医薬品業界であればその業界での傾向、事例、問題にのみフォーカスする。ファッションリテール業界であれば、その業界での傾向、事例、問題にのみフォーカスする。

ザ・ソクラチック・レビュー
教えるのではなく「鍛える」、レッスンではなく「トレーニング」生徒ではなく「クライアント」を基軸としたビジネスを基本とする英語能力向上のための画期的なプログラムを提供致します。

日本という国全体のアイデンティティを高める為には、日々加速する国際競争社会の中で勝つ英語能力を身に付けクライアントのそれぞれの専門分野で世界に旅立てる英語でのコミュニケーション力を獲得するために、あえて学ぶ人からは好まれない方法ながらも確実にレベルアップさせる“ブートキャンプ” をスタイルの基本にしてトレーニングを行っています。

効果的に早く、本当に使える英語コミュニケーションをザ・ソクラチック・レビューで磨こう!クライアントの業種に合ったテキストの使用なしの完全オーダーメイドプログラム。

アンセル・シンプソン 
ザ・ソクラチック・レビュー
http://www.socraticreview.com/consulting-and-services/
[ 2012/06/20 21:29 ] [ 編集 ]
僕もジェームスの成功研究会のCD聞いています。
綺麗にまとめて頂いていてとても読みやすいです。
いつもありがとうございます。
[ 2012/06/23 01:02 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
> 僕もジェームスの成功研究会のCD聞いています。
> 綺麗にまとめて頂いていてとても読みやすいです。
> いつもありがとうございます。

読んでいただき、ありがとうございます。
そう言っていただくと、大変励みになります。
これは、自分の勉強にもなるし、
それによって、ブログを読んでいただいた方たち
にも喜んでもらえるなんて、最高です。
このCDの内容は生きてゆく上でとっても
役に立つ内容だと思うので、
みっちり吸収して、お互い向上しましょう!
[ 2012/06/23 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

umiyasuhisa

Author:umiyasuhisa
浦部季武(うらべすえたけ)

と申します。

現在、

平凡なサラリーマン生活を送ってお

りますが、

近頃、仕事にも慣れ、

もちろん、社内のいろんな、

どす黒い人間関係や、

理不尽な仕事内容

などもありますが、


そのために、

まわりをどうこう文句いっても、

何も変わらないと開き直りまして、


なので、


人とどうやって、

仕事をしてゆくのか?

部下をまとめるには、

どうすればよいか?

会社をどうやって、盛り立てるのか?

そもそも、仕事とは何のために

やっているのか?

などの疑問から目を背けずに、

向き合おうと決心しまして、

今の状態から、

もう一つ上の段階に

脱皮したい!

と思うようになりました。

そんな中で、ある時、

ジェームス・スキナーに

出会いました。

初めて知った時は、

関西弁しゃべる、

胡散臭い外人だなぁ

と思いましたが、

彼の文章や、話はおもしろく、

毎回、発見があり、

自分の意識を変えてくれるので、

「よし、そんじゃ、徹底的に、

自分のものにしてやろう!」

と決意し、現在修行中です。

自分なりの考えも含めた、

ジェームスの成功哲学を、

さらに、とっつきやすい形で

まとめることで、

彼の考え方を、

多くの人に知ってもらえたら、

と思って、書いてます。

この哲学が広まることによって、

日本の社会が経済的にも、

精神的にも、人間関係の面でも、

健康の面でも

もっと働きやすい環境に

なってくれることを祈って・・・

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。