【人生を変える】違いをもたらす違い(ジェームス・スキナー) vol.13 健全な体質の企業とは?

vol.13 健全な体質の企業とは?

ジェームス・スキナーの成功の秘訣:DMD(違いをもたらす違い)ってなに?レビューをしながら、深く考えてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

vol.13 健全な体質の企業とは?

現在、自分の会社の業務運営の仕方に疑問を持ってませんか?

会社に違和感を感じていたとしても、

実際なにを変えてゆけばいいのか、

悩んでいるのでしょうか?


企業経営にとって必要なことを7つまとめました。

この7つの項目を自分現状に即した方法で、

具体化してゆけば、その会社は驚くほど、

進化すること間違いありません。


1、ミッション(使命)ビジョン(将来の構想)

我々は何を目指しているのか?

我々はなぜそれをしているのか?

これらを、明確にして、毎日の業務を行うことです。

「目的持たずして、仕事をさせるのは不道徳である」

という考え方を持つようにします。

加えて、ただお金を稼ぐためだけに、

業務をおこなうのではなく、

利益はあくまでも、副産物として捉え、

私も勝手、あなたも勝つ、WIN! WIN!の関係で、

社会のために役に立つという思いを持つことで、

長期的な成功を収めることが可能になります。



2、非常に大きな目標を掲げる

今年は昨年の5%増の売上を目標にします。

という小さな目標だと、従業員は

本気でやろうという意欲はわかず、

今までと違う新しい発想など生まれるはずもありません。

自分たちの行なっている分野で、世界を変えてゆこう

というくらいの目標によって、

従業員の意欲を高くする必要があります。


3、システム化すること

その業務を担う特定の人が抜けても、

その人の持っているノウハウ、知識、技術を

マニュアル化することで、誰がやっても

同じ成果を残すことができます。

それにより、会社は生き続けるのです。


4、組織の文化を持つ

会社の価値観を明確にすること

つまり、自分の会社の伝統を作り、

伝説を作ることです。

自分の会社は他とは違うこんなことをしているという

考えや、

あの時我々はこんな苦しい事を乗り越えたんだ

などの過去が

すべての人に明確に伝わることにより、

従業員は自分の仕事にプライドを持つようになります。

そして、我々は、こうゆうことをする会社であり、

こうゆうことはしない会社なんだ。

という存在の在り方が確立されます。


これは強い組織文化であると言えます。


例えば、マクドナルドでは、

1高品質を出し、低品質は出さない。

2素早いサービス。

3清潔である。

4価格の安さ。

などのような理念に基づき業務が行われています。


我々も、自分の会社の成功の鍵を握る価値観を明確にし、

それを徹底するために、何が必要か?

を考える必要があるでしょう。


5、次世代の経営者を育てる

若い人材に大きな責任を与える機会を多く作ることで、

豊かな発想力が生まれ、

会社も進化し続けます。

このような人材が多くいる会社ほど、強く、

長続きすると言えます。


6、改善の心を持つ

常に改善のこころを失わず、

5分で行なっている業務を4分でできるようにするなどの

努力をする。

ただし、一日にして、すべてが改善されて、

素晴らしい商品が出来上がったり、

素晴らしい、会社になったり、

素晴らしい仕事が達成されたり、

することは決してない。

そうではなく、

毎日少しずつ改善されていくことが大切。

そのため、

少しでも能率良くするために、今日なにができるか?

常に改善方法を問い続け、

従業員の皆がその発想を持つ必要があります。


一人の人間が良い改善アイデアがあっても、

周りの理解がないと、そのアイデアは

採用されず、消えてしまうからです。


7、周りの環境を見極める

お客さんのニーズの時代によって違います。

時代というか、最近では曜日によって違うくらいのものです。

だからこそ、

正しいことを正しいときにやらないと報われません。

そのため、

社会で起きていることを敏感に見極める必要があります。


自分の顧客のことを勉強することは大切ですが、

自分の顧客になっていない人のことを

勉強することはもっと大切です。

そのことで、

新しい市場を開拓できます。

だからこそ、

他の業界、他の国のやっているおもしろいこと

に目を向けてみる必要があります。


スポンサーサイト
[ 2012/04/28 13:51 ] 成功研究会CD | TB(0) | CM(2)
ツイッターではお世話になっております。
おはようございます、安森厚太です。
ツイッターではお世話になっております。

これからもよろしくお願いします。

『家族を幸せにするブログ』にも
是非、遊びにきてください。


◯安森厚太◯
[ 2012/04/30 04:53 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます

安森厚太様

『家族を幸せにするブログ』是非、伺いたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
[ 2012/05/04 13:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

umiyasuhisa

Author:umiyasuhisa
浦部季武(うらべすえたけ)

と申します。

現在、

平凡なサラリーマン生活を送ってお

りますが、

近頃、仕事にも慣れ、

もちろん、社内のいろんな、

どす黒い人間関係や、

理不尽な仕事内容

などもありますが、


そのために、

まわりをどうこう文句いっても、

何も変わらないと開き直りまして、


なので、


人とどうやって、

仕事をしてゆくのか?

部下をまとめるには、

どうすればよいか?

会社をどうやって、盛り立てるのか?

そもそも、仕事とは何のために

やっているのか?

などの疑問から目を背けずに、

向き合おうと決心しまして、

今の状態から、

もう一つ上の段階に

脱皮したい!

と思うようになりました。

そんな中で、ある時、

ジェームス・スキナーに

出会いました。

初めて知った時は、

関西弁しゃべる、

胡散臭い外人だなぁ

と思いましたが、

彼の文章や、話はおもしろく、

毎回、発見があり、

自分の意識を変えてくれるので、

「よし、そんじゃ、徹底的に、

自分のものにしてやろう!」

と決意し、現在修行中です。

自分なりの考えも含めた、

ジェームスの成功哲学を、

さらに、とっつきやすい形で

まとめることで、

彼の考え方を、

多くの人に知ってもらえたら、

と思って、書いてます。

この哲学が広まることによって、

日本の社会が経済的にも、

精神的にも、人間関係の面でも、

健康の面でも

もっと働きやすい環境に

なってくれることを祈って・・・

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。