【人生を変える】違いをもたらす違い(ジェームス・スキナー) ジェームス・スキナーとの出会い

ジェームス・スキナーとの出会い

ジェームス・スキナーの成功の秘訣:DMD(違いをもたらす違い)ってなに?レビューをしながら、深く考えてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェームス・スキナーとの出会い

最近では、

「略奪大国」~あなたの貯金が盗まれている!

の著者でよく電車の広告で見かける、ジェームス・スキナー。


もともと、私は、彼についてまったく、知らず、

知ったきっかけは、一年前くらいでしたね。


ちょうどその時くらいから、仕事での経験値も増えてきて、

だんだんと仕事の責任を任されるようになり、

これから、自分がリードして新しいことをどんどんやっていって、

会社を盛り立ててがなくては!という状況になってきたんです。

でも、いざ、そうなってみると、じゃ、どうやって?

という考えが自分の中で起こってきて、なにをとっかかりにして、

どこを目指していけばいいの?と自問自答するようになり、

気がつくと、インターネットでそれ系の情報ばかり集めていました。

そこで、出会ったのがこのジェームス・スキナー

なんか、プロフィールはすんごくたくさんあって、すごいのかどうか?

混乱してしまいますが・・・



アメリカ合衆国生まれ。

19歳の時に来日し21年間日本在住、流ちょうな日本語を操る。




現在は、日本やシンガポールを拠点とし、

セミナーや経営指導の以外にも世界各国で社会に対する貢献を広げている。




早稲田大学で国際ビジネス論を学び、アメリカ合衆国大使館、

日本電気(NEC)、社会経済生産性本部、財務広報ライター、

アメリカ最大級の研修会社フランクリン・コヴィー会社の日本支社長などを歴任。

ベストセラー「7つの習慣」を日本に紹介したことやNHKやCNBCなどにおける評論家活動、

自己啓発の名著「成功の9ステップ」(幻冬舎)もよく知られている。




現在、経営コンサルタント、社会の評論家、セミナー講師、

1回だけでも劇的な変化をもたらしてくれる成功コーチとして確固たる地位を築いている。




また、過去に、元アメリカ合衆国副大統領のアル・ゴア、

元ロシア大統領のミハイル・ゴルバチョフ、

スティーブン・R・コヴィー、マーク・ヴィクター・ハンセンなどとの対談や

ピーター・ドラッガー、ケン・ブランチャード、

ロバート・キヨサキなどの来日プロデュースやナビゲーター役などをつとめた経験を持つ。




経営指導やセミナーの手法は同業者が嫉妬するほど特徴的なものになっており、

そのエネルギーの高さも大きな話題を呼び、

その哲学や手法を説く「成功の9ステップ」ライブセミナーは日本一の人氣を誇っている。




しかし、何よりもジェームスの特長になるのは、

その愛の深さと接する人たちひとりひとりに「成功して欲しい」という思いの強さなのだろう。

どんなに時間がかかっても、実行できるところまで導き、

一緒にその成果を喜んでいる姿に心を打たれる人は少なくない。




仕事以外は、世界旅行、鉄人レース、作詞・作曲、ダイビング、映画鑑賞などの趣味の広さも、

ジェームスの人生に対する積極的な姿を物語っている。




ジェームス・スキナーは、今まで多くのマスコミに取り上げられており、

経済・ビジネス・金融の評論家・戦略家・コンサルタントとして、

テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などに多数出演しております。



ジェームス・スキナー出演番組一部(テレビ・ラジオ)

TBS「ビートたけしのガチバトル2011」 /読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」 /テレビ大阪「たかじんNOマネー」 /テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」 /CNBC「夜エクスプレス」 /NHK BS1「生き生き首都圏」(レギュラー出演) /テレビ大阪「おしゃべり経済Q」(レギュラー出演) /CNN「世界ニュース(Richard Quest)」 /NHKニュース /NHK「ビジネス英会話」 /NHKラジオ「NHKジャーナル」 /文化放送「世相ホットライン」 /日本テレビ「太田光の私が総理大臣だったら...秘書田中」 /BSジャパン「ほね、ホネ、本音」 /SKYPerfect TV「ビジネス・ブレークスルー」 /テレビ朝日「Jのこだわり」 /テレビ東京「幸せをつかむテレビセミナー 成功への9ステップ」 /フジテレビ「FNSソフト工場 失敗がいっぱい」 /札幌テレビ「道産子ワイド」 /東京FM「ウイークエンドマイスター」 /Rush99.5(シンガポール)


最近の新聞・雑誌掲載履歴

月刊Will /月刊正論 /GLITTER /週刊アスキー /生産性新聞(連載) /夕刊フジ(連載) /ビジネス・データー(連載) /日刊現代(連載) /日経新聞 /産経新聞 /朝日新聞 /日本経済産業新聞 /Financial Times /South China Morning Post /Forbes /Economist /Seven Hills /Business Times /Singapore Tatler /日経ビジネス /経済界 /経済同友 /サンデー毎日 /文藝春秋 /Dime /Sapio /TYPE /Boss /賃金実務 /秘伝(初見良昭との対談) /XL /Straits Times /Millionaire Asia




ということらしいです。

だだ、自分は、プロィールとかよりも、

ネット上に配信されている、彼の音声を聞いて、

あっ、それ面白い考え方だな。

そのアイデア、仕事で使える!

そんなマインドで仕事に取り組めば、

モチベーション保てるな~

って、いろんな発見があり、

べたな言い方ですが、そんじゃ一度、

騙されたと思って、聴いてみるか~

って感じで、

彼の考え方を

いろいろ学ばせてもらっているわけなんです。




どんな話をする人か参考になります。

スポンサーサイト
[ 2012/03/19 00:14 ] 成功研究会CD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

umiyasuhisa

Author:umiyasuhisa
浦部季武(うらべすえたけ)

と申します。

現在、

平凡なサラリーマン生活を送ってお

りますが、

近頃、仕事にも慣れ、

もちろん、社内のいろんな、

どす黒い人間関係や、

理不尽な仕事内容

などもありますが、


そのために、

まわりをどうこう文句いっても、

何も変わらないと開き直りまして、


なので、


人とどうやって、

仕事をしてゆくのか?

部下をまとめるには、

どうすればよいか?

会社をどうやって、盛り立てるのか?

そもそも、仕事とは何のために

やっているのか?

などの疑問から目を背けずに、

向き合おうと決心しまして、

今の状態から、

もう一つ上の段階に

脱皮したい!

と思うようになりました。

そんな中で、ある時、

ジェームス・スキナーに

出会いました。

初めて知った時は、

関西弁しゃべる、

胡散臭い外人だなぁ

と思いましたが、

彼の文章や、話はおもしろく、

毎回、発見があり、

自分の意識を変えてくれるので、

「よし、そんじゃ、徹底的に、

自分のものにしてやろう!」

と決意し、現在修行中です。

自分なりの考えも含めた、

ジェームスの成功哲学を、

さらに、とっつきやすい形で

まとめることで、

彼の考え方を、

多くの人に知ってもらえたら、

と思って、書いてます。

この哲学が広まることによって、

日本の社会が経済的にも、

精神的にも、人間関係の面でも、

健康の面でも

もっと働きやすい環境に

なってくれることを祈って・・・

FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。